workstyle vol.03

技術職:ITエンジニア

マクニカにおけるネットワーク関連製品を、導入し運用していく際の技術的支援。さらには市場に合わせた商品開発を行うNTWE(ネットワークエンジニア)の働き方を紹介します。

自分の可能性を
広げたい。

—入社時を振り返って—

長野
お二人は大学時代、ITとはまったく違う分野の勉強をしていたんだよね。まずはマクニカに入社したきっかけを聞いてみようかな。
小田
私の先輩が就職活動時にマクニカを受けていたので、その流れで「ちょっと受けてみようかな」という軽い気持ちでエントリーしました。大学院で太陽電池を研究していたので、最初はエネルギー系の大手メーカーを見ていましたが、モノをつくるメーカーの仕事よりも市場自体をつくり出すマクニカの仕事に惹かれてしまって。気づいたら入社していました(笑)
福島
私は大学で物理学を専攻していましたが、同級生はメーカー志望が多かったです。私は理系というバックグラウンドを活かしながら、自分という付加価値で勝負できる仕事がしたいと考えていたので、商社ばかり見ていました。その中でマクニカを選んだのは、一番人となりをちゃんと見てくれていると感じたからです。
小田
それ、私も感じました!マクニカは応募者の話にしっかり耳を傾けてくれる。内定後にIT分野に興味が湧いてきたことを相談したところ、すぐにネットワーク部門の社員と面談をセッティングしてくれたのはすごく嬉しかったです。
長野
人を大切にする文化があるよね。実は私、内定が決まった後に交通事故に遭ってしまって…。その時に病院まで社員の方がお見舞いに来てくれたんだよね。その心遣いに感激して、マクニカを選んでよかったと思ったのを覚えています。もちろん今でもそう思ってます(笑)
福島
長野さんは学生時代、情報系の勉強をされていたと伺いました。
長野
そう、だから就職活動の序盤は漠然とSE(システムエンジニア)の仕事を見ていたんだけど、飽き性だから変化の少ない仕事は避けたくて。まだ世に知られていない最先端技術をたくさん扱っているマクニカであれば、どんな新しい技術に触れられるだろうと、とてもワクワクしたんだよね。

学ぶ意欲に
応えてくれる。

—エンジニアの好奇心をくすぐる環境—

長野
マクニカのエンジニアの魅力とはどんなところだと思う?
福島
1つには、最先端技術に触れられることですよね。市場をつくるパイオニアにもなれる。
長野
日本では誰も知らなかったような技術に、誰よりも先に触れることは多いよね。先端技術があるのであれば、世界中どこにだって行く。海外出張先もアメリカとかだけでなく、イスラエルだったり様々。マクニカならではの貴重な経験を得られる機会がたくさんあると思う。
小田
まだ市場が醸成されていない商品なども、どんどん扱っていきますよね。例えば最近注目されているのが、内部不正対策としてふるまい検知をする商品。2、3年前からマクニカでは扱っていたけれど、当時はほとんど市場からは認知されていませんでした。それが、テレワークが普及して注目を集めるように。まさに“市場が追い付いてきた”と感じました。
福島
エンジニアは、学びたい、知識を広げたいという欲求を持っている人が多いと思うのですが、マクニカはたくさん学ぶ環境を与えてくれますよね。エンジニアとしてのスキルを磨くために、新しい技術の資格取得や、Webトレーニングの受講も、上司に相談すると二つ返事で「いいよ」と言ってもらえます。そういうのも非常にありがたいですね。
長野
マクニカには、エンジニアの欲求を満たす環境が揃っているね。この前までネットワーク商品を担当していた人が、次はセキュリティ商品を担当するようになったり、DX(デジタルトランスフォーメーション)にかかわる商品に携わってみたり、といったようにいろんな先端テクノロジーに触れられる。エンジニアとして素直に楽しいよね。
小田
しかも、みんな自分の得た知識を“誰かに教えたい”という人が多い気がします。自分もその一人ですが(笑)いろんな知識を持った社員同士で、様々な知識を教え合うってすごくいいですよね。
福島
学びたい意欲のある人にとっては、願ってもない環境です!先輩が自発的に「Macnica Security Night」と呼ばれる技術勉強会などを開催してくれるので、今現在、知識を持っていなくともどんどん吸収することができる場が整っていて助かります。今後、自分も学んだ知識を活かして、勉強会を開催したいと思っています。

自分の手で未来の
社会をつくる。

—それぞれが目指す姿—

福島
長野さんは、マクニカのエンジニアを10年以上経験されていますけど、どんなところにやりがいを感じていますか?
長野
いろいろあるけど、例えば仕入先メーカーにフィードバックした改善点が、製品にダイレクトに反映されていくところは面白いよね。実際に製品をつくっているわけじゃないけど、そこに携わっている感覚になれる。例えば、海外の仕入先メーカーの場合、非常に優れた製品だけど、日本の環境に対応していないケースもあるため、そのギャップを埋める提案をすることは私たちの重要な役割の一つだね。
小田
重要な役割といえば、日本の市場が何を求めているかを仕入先メーカーから問われることも多いですよね。仕入先本社の責任者から直接意見を求められることもあります。そこはマクニカが提供できる大きな価値だし、重要な役割だと感じています。
福島
それだけマクニカのエンジニアが仕入先に信頼されているってことですね。若手代表のエンジニアとして、小田さんはどんなところにやりがいを感じますか?
小田
若手に大きな裁量権が与えられているところかな。私が今担当しているDX推進事業では、提案時にお客さまの経営者層の方とお話する機会がよくあります。普通、2、3年目の担当者が大手企業の経営者層の方に提案するなんてあまり聞かないですよね。自分の提案が通用するのか不安だし緊張もするけれど、提案が採用された時はとても大きな達成感を感じます。
長野
たしかにマクニカの権限委譲はすごいよね!一方で、その社風を存分に活かしてる若手社員の活躍もすごいと思うよ!きちんと考え、課題解決の中心に入ることができてるしね。自分も昔そういう経験を多くしたし、今はマネージャーの立場として、若手社員にどんどん責任ある仕事を任せるようにしているかな。福島さんは権限委譲についてどう思う?
福島
私は今、ビッグデータのログの集計や解析・分析ができる商品を担当していますが、まさに仕事を任されてるなって感じがします。今は「その分野に投資しなくてもいいのでは」と考えているお客さまに対し、お客さまのためにいかにその必要性を理解していただくか、試行錯誤している日々です。決して楽ではないですが、得られる経験の量、質、密度は自分の成長に直結していると実感します。ゆくゆくは自分自身の知識や経験を活かしてお客さまの課題解決をはかれるようになっていきたいですね。お二人の今後の目標もぜひ教えていただきたいです。
小田
福島さんは志が高いね!私も現実と理想のギャップに悩むことは多いですが、今後はDX推進事業を半導体事業、ネットワーク事業に続いてマクニカの大きな事業柱として立ち上げていきたいです。
長野
素晴らしいですね!私の今後の目標は、未来の社会に役立つ技術を自ら見つけて、市場をつくっていくことかな。もちろんマネージャーとして皆さんの成長を支援しつづけることも大切な目標だけどね。こうやってみんなの話を聞いてきたけど、マクニカのエンジニアは本当に守備範囲が広いなって感じるね。技術的な知識はもちろんのこと営業的な交渉力・提案力も必要だから、総合力が求められるというのが適切かな。でもその分、自分の成長を実感しやすいと思う。これから新しく入ってくる仲間にも、この環境を活かしてどんどん成長していって欲しいですね。

ENTRY

新卒採用 キャリア採用 障がい者採用