「マクニカグループの根幹を、支えよ」

2014年新卒入社 コーディネーター職 株式会社マクニカ マクニカオペレーション統括部 カスタマーサービス部 菅野 美紀 Miki Kanno
Chapter/01

お客さまに、確実に、商品を届ける。

コーディネーターとして、お客さまのご希望通りに商品をお届けできるよう調整をするのが私の仕事です。シンプルな仕事に思えるかもしれませんが、受注してから納期通りにお客さまのお手元に商品が無事届くまでは、一筋縄ではいかないこともあります。例えば、天候悪化による交通機関の遅延などの緊急トラブルです。そういう場合は、営業と一緒に解決していきます。時にはコーディネーターが直接お客さまにご連絡をして調整することもあります。

内容によっては、納期が間に合わないとお客さまの製品開発に支障が出て、製品やサービスのリリースが遅れてしまうことがあるので、プレッシャーもあります。そのような時は特に、スピーディな対応が求められるため、自ら何が最善かを考え、行動する必要があります。

業務をスムーズに進めるため、電話やメールでのやりとりに加え、積極的に営業にお願いをしてお客さまとの打ち合わせに同行させてもらうなど、対面でもコミュニケーションする機会をもつよう日頃から心がけています。無事に納品が完了すると「ありがとう」と直接ご連絡をくださるお客さまも。細やかなサポートをすることで、お客さまとの関係性が深まったというケースも多く、その分達成感も大きいです。マクニカのビジネスを支えていると実感しますね。

Chapter/02

一般職が、手を挙げて海外出張に行く会社。

マクニカでは、コーディネーターは「一般職」に分類されるのですが、実は私は、元々総合職を中心に就職活動を行っていました。仕事選びの際は、「自分にしかできない仕事があるか」、「やりがいを感じられるか」、「将来長く働き続けられるか」の3つを重要視していました。業界を絞らず幅広く探していた時、ふと目にしたのがマクニカのコーディネーター職。正直、半導体やネットワークと言われても、何かよくわかりませんでした。ただ、なんとなく「働きやすそうだな」と感じたので、選考に参加することにしました。

転機は、ある先輩社員との出会いでした。内定を頂いた後、化粧品メーカーの営業職とで悩んでいた私は、仕事について話を聞かせてほしいと人事にお願いしました。その時、紹介していただいた先輩社員の話がとても印象的で、「自ら手を挙げて海外出張へ行った」という話でした。一般職で出張があることにも驚きましたが、何より衝撃だったのが、自ら手を挙げたということ。ここでなら、職種を問わず、自分から仕事をつくることができる。しかも、世界を舞台に。

正直、これまで話を聞いてきた方々とは目の輝きが違っていました。仕事が好きで、誇りを持っている姿に憧れ、話を聞き終わる頃には、心はマクニカに決まっていました。

Chapter/03

辛い時は、いつもチームメンバーがいてくれた。

憧れを胸にスタートしたマクニカでの社会人生活。ですが、入社当初はイメージしていたような「輝かしい」仕事ばかりではなく、心が折れそうになったことも多々ありました。そんな時、支えになってくれたのがチームの存在。仕事がうまくいかず行き詰った時には、きまって先輩や上司が声をかけてくれたり、話を聞いてくれる。そんな周りのメンバーの気遣いに助けられ、なんとかやってこられたのだと思います。こういったチームワークが生まれるのは、当然人として素敵な方が多いこともありますが、仕組みにもあると思います。コーディネーターは、個人で動くのではなく必ずチームで動きます。例えば、属人的になってしまうと、何かあった時に業務が滞ってしまい、お客さまにご迷惑をおかけしてしまうので、そうならないように、お客さまとのやりとりをメンバー全員で共有するなど、チームの力でお客さまをサポートしています。

チームに助けられたことで特に印象に残っているのが、3年目の時。担当していたお客さまで、他商社から大規模な商流移管があった時のことです。売上がこれまでの数十倍にもなるものでした。一方で、通常の業務も同時並行で動いていますから、納期を守り、スムーズに行うことはもちろん、他の業務に支障が出ることも許されない状況でした。こんな大きな仕事は初めての経験で、不安しかありませんでした。まずはやることの確認リストを作成しチェックをしましたが、それでも不安で上司にもチェックを依頼。上司は何度でも、付き合ってくれました。そして、何より助けられたのがチームメンバーの思いやりです。私がてんやわんやになっていることを察して、さっと現れ、業務のフォローをしてくれます。こうして、周囲のサポートのおかげで移管作業は無事完了。3年目の若手に、このような責任ある役割を任せてもらえたことも嬉しかったですし、何より、上司や周囲と力を合わせてチームで達成できたことが、これからの自信にもつながる経験になりました。

Chapter/04

未来を創る一端を担う喜び。

その後、マクニカグループでオンラインストアをオープンすることになり、そのプロジェクトチームメンバーとして声をかけてもらいました。もちろん、コーディネーター職の業務も並行しながら。「やってみる?」と言われた時、最初は不安でしたが、「自分にしかできない仕事をつくりたい」と考えていたことが実現できるという思いで「やりたいです」と回答しました。

職種にとらわれず幅広い分野に挑戦できる環境は、まさに入社前に描いていた理想的な働き方ですね。今のチームには、産休中の人、時短勤務の人、若手からベテランまで、幅広くいます。色々なキャリアや働き方のある中で、皆で助け合って仕事を進めていける。将来、結婚や出産などライフイベントを経験してもこの環境であればキャリアを絶やすことなく働けるのではと安心しています。

最初は、半導体と聞いてもピンときませんでしたが、意外と身近なものにも使われていることがわかってきました。自分が担当しているお客さまから、最先端の製品が次々と生まれてくる。その製品には私が納品したものが入っているかもしれない。そしてその製品は、私たちの生活になくてはならないモノになるかもしれない。直接私がものづくりをしているわけではありませんが、そんな未来の一端を担っていると想像すると、ワクワクします。「あの時マクニカを選んでよかった!」、そう感じながら働くことができているのは本当に幸せなことだと思っています。

最近、ゴルフをはじめました。
休みの日には同僚とラウンドを回ったり、
打ちっぱなしで練習することが多いです。
ようやく、上達してきたかも…?

ENTRY

新卒採用 キャリア採用 障がい者採用