WHAT'S MACNICA?

マクニカを語る社員対談

マクニカって
どんな会社?

マクニカの社風や環境、そこで働く社員の想いをリアルに伝えたい。
若手から経営層まで幅広い立場の社員に、
「マクニカらしさ」について語ってもらいました。

01

第一印象は、
「とにかくアグレッシブ」。

ーなぜマクニカを選んだのかー

まずは皆さんの入社のきっかけを聞いてみようか。皆さんはなぜマクニカに入社したの?

私はこの中で一番シンプルだと思います。突き抜けた営業になりたかったんです。その舞台にマクニカを選んだのは、グローバルなフィールドでビジネスを展開しているから。若いうちからそういった環境で働くことで、圧倒的な経験値が積めると思っていました。

たしかに、マクニカで積める“経験値”は想像以上だよね。私は学生時代、文系理系のダブルメジャーでした。進路を考えた際、どちらかしか活かせないのは嫌だなと思って。マクニカなら学んできたことをすべて活かせると考えました。事実、自分で希望して、エンジニアから営業へジョブチェンジし、多くの経験を積めています。小林さんはいかがですか?

私は採用説明会がきっかけかな。マクニカの第一印象は、登壇する人も話の内容も「とにかくアグレッシブ」。当時、マクニカからもらった社員インタビューをまとめた冊子に書いてあったこと、仕事内容はさることながら、社員一人ひとりの生き方そのものが、驚くくらいかっこよかった。

小林さんとは同期なんだけど、そのかっこよさは良く覚えてる。衝撃だったね。私の決め手は、どんな社員と話してみても、仕事を楽しそうに、誇りを持って語っていたこと。マクニカには「何かを成し遂げたい」の「何か」が明確な人が今も昔も多いよね。そういう意味では、まだ小規模だった頃のベンチャー気質が今も根強く残っているのかもしれない。ここまで前のめりな話ばかりだけど、伊藤さんはこのアグレッシブさに引いたりしない?

いえ、引きませんよ(笑)むしろ、いいなと思って聞いていました。私が最初にマクニカを知ったのは、「働きがいのある会社ランキング」でした。「働きがいがある」と聞くと、福利厚生が充実している、ワークライフバランスがとれるみたいなことかなと考えていたのですが、採用面接や社員との面談の雰囲気で一気に見方が変わりました。年齢や社歴、役職や性別に関係なく、真正面から議論し仕事に取り組む。もちろん厳しさもあるでしょうけど、まっすぐな会社だから、つまらないことに頭を悩ますことなく働ける環境って素敵だなと思い、入社を決めました。

02

自分の意志をきちんと伝えることこそ、
成長への近道に。

ーオープンでフラットな社風ー

入社してからも、入社前の印象と変わらなかった?

良い意味で変わったかもしれません。想像していたよりもはるかにフラットでしたね。入社して以来、カンパニープレジデントの秘書を担当していますが、いつも「どうしたい?」と意見を求められます。自分の意見をきちんと聞いてもらえる環境っていいですよね。

まさに私も今、カンパニープレジデントとしてチームを創っていく上で、一人ひとりの「自分は何をやりたいのか」という想いを実現できる環境づくりを意識しています。だからできるだけ、興味のある業務を本人の裁量でやらせてあげたい。でもやっぱりそれには、「これがやりたい」という意志表示をしてもらわないと始まらないんだよね。

私は、大学までアメリカで暮らしていて、「思ったことははっきり言う」という姿勢が当たり前になっていました。でも、就職活動した時、それではうまくいかなかったんです。みんなと同じ意見にしたり、空気を読みすぎてしまったり、正直居心地が悪かった。だからマクニカでは素の自分でいられることがありがたいんです。どんな立場であれ意見を言えますし、それが当たり前。

私も、年々物怖じしなくなってる気がします(笑) 対等に意見を言い合ってるのに、なぜかギクシャクしないですよね。はたから見たら、言い合いのような熱い議論をしていても、その後はカラッとして飲みに行ったり。いい仕事をするためにきちんと議論する、健全な会社だなと思います。

社員がみんなポジティブなところも魅力かな。例えば大原さんみたいに「新しい仕事にチャレンジしたい」という話。今の仕事が嫌とかではなく、自分がこうなりたい、こういうスキルを身につけたいという前向きな理由からなんだよね。でもこの場で言いづらいんですが…。実は、会社を辞めようと思ったこともあったんです。

いいね、もっと聞かせて(笑)

気の迷いみたいなものだったところもあると思うんですけどね(笑) よくよく辞めたいと思った原因を突き詰めると、その時の仕組みや環境によるモチベーションの低下が原因だったんですよ。でも、それって自分の責任じゃないですか。逃げだなあと。じゃあ、その原因を自分で変えればいいじゃんと、開き直ったんです。

まさに栗本さんの言うとおり。だから私も、自分から「まだ日本に入ってきていない商品を担当したい」と上司に相談して、現在はサイバーセキュリティ分野の新規商品をメインで任されています。「もっと成長するために」というポジティブなものなら受け入れてもられますし、周りも本気で応援してくれる。

最先端の技術で未来を創る会社だからこそ、そこで働いている「人」の目指したい未来も大切にする。それが、その人の成長にも、会社の成長にもつながるわけだから、これからも大事にしていきたい文化だよね。

03

世界の最先端を創る人たちと
同じレベルの情熱で。

ー未来を創る仕事ー

念願叶って今年、海外出張に行く機会に恵まれました。私の所属するエルセナは、大手の海外半導体メーカーの商品を仕入れています。その会社は日本法人があるので、営業が直接海外に行くことがあまりありません。でも、自分が売っているものを、どんな人がどんな想いで創っているのか。海外ではどんな新しい技術が生まれているのか。自分の目で確かめたくて、アメリカに行ってきました。

自分からアメリカへ行きたいと言ったの?

そうです。担当のお客さまにアメリカ製の最新半導体を提案していたのですが、仕様や品質に関する細かいやりとりが多く、これは直接現地に行って確認した方がお互いに効率的なんじゃないかと思ったので上司に相談しました。そしたら、「行って来い」と。やっぱり、現地に行ってよかったですね。直接会って話をすることで、互いの考えをすり合わせることができ、より強固な関係が構築できました。それから、自分が提案していた商品もそうですが、まだ日本市場には進出して来ていない、さまざまな技術を持つスタートアップの話も聞くことができました。この経験を通して、技術に関する感度も高められたので、営業としての幅も広がったと思います。

私も若い頃、シリコンバレーへ視察に行ったことがあるんだけど、何が一番印象に残っているかって、そこにいたスタートアップのCEO達の熱量なんだよね。世界のなかでもトップクラスで最先端をゆく起業家たちと、若いうちから対等な立場で、世界の市場にどのようにアプローチしていくのかを議論できる。最初は、「こんな偉い人と話すのか」と緊張したけどね。

新規商品の立ち上げを担当しているのでよく分かりますが、世の中に出ていく前の最先端の技術に触れていられるのが面白いですね。0から1を創るのが開発者であるメーカーの仕事ならば、僕らがやるのは1を100にする仕事。市場を創り、拡大させていく仕事に携わるのは最高にエキサイティングですね。

いいこと言うね!まさに、どこまで市場を大きくできるかは、マクニカにかかっているよね。

だから、常に技術や市場に対してアンテナを張り続けなければならない。どれだけ優れた技術も、研究室の中だけで終わってしまったら意味がない。世の中の役に立って初めて存在意義があるじゃないですか。

世界視点でビジネスを創るという感覚を身につけられる。これはやっぱり、どこの会社でもできることではないと思うよ。将来もしかしたらビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのようになるかもしれないようなCEOと一緒にビジネスを創りあげる。マクニカだからこそ経験できることだよね。

04

型にはまらない働き方と成長の機会。

ーマクニカに居続ける理由ー

現在、秘書業務のほかに、総務や人事の仕事も任されています。業務内容は、自分次第でいくらでも幅を広げられますし、経験も積めます。希望すればキャリアチェンジだってできます。私はマクニカの「あなたの仕事はここまで」という型にはまらないところが好きですが、皆さんがマクニカに居続ける理由はなんですか?

一つに絞るのは難しいなあ。だけど、一番は入社してからこれまで、会社の成長に比例して、自分も成長していると実感できていることかな。じゃあなんで成長してこれたかというと、一つ壁を越えたら、もっと高い壁が現れるんだよね。つまり、成長できる機会を無限にくれるので、どんどんキャリアアップしていける。これは重要なことだと思うね。

私も小林さんと似ていて、中長期的な視点でスキルアップ、キャリアアップが見込めるからです。目先のメリットっていろいろあると思うんですよ。社名が知られているとか、オフィスがかっこいいとか、給料がいいとか。でも、働いているとそういうことってどうでもよくなっていくんです。マクニカは、確固たるビジョンを持って努力していれば、挑戦の場を提供してくれる。何をどこから仕入れるのか、どんな市場とマッチさせるのか。それをグローバルな視点で考えていきます。このスケール感、本当に刺激的ですね。

私はまだ4年目なので、目の前の仕事をこなすことでいっぱいです(笑)だから、大きな視点では語れないのですが…。入社1年目から現在まで一貫して変わらない思いとして、マクニカの「人」が好きですね。営業の役割って、「自分が担当しているビジネスをどう成功させるか」をお客さまの一番近くで考えていくことだと思うんです。そうなると、その挑戦に一緒に立ち向かっていける、力になってくれる仲間の存在はとても大きいですね。

マクニカ全体に流れている、「現状に満足しない」気概が好きだな。これまで話してきた、海外でのビジネス展開も、挑戦できる土壌があるのも、会社が常に未来を見ているからだと思うんだよね。扱う商品も半導体、ネットワークやセキュリティ、そしてAIやIoTと、常に最先端をいち早くキャッチアップしていく姿勢。そんなアグレッシブさがあるからこそ、社員に対しても型にはまった働き方を求めてないんだよね。そういう人が集まれば、いまよりもっと面白い未来を創れるはず。それが、今でもマクニカに居る理由かな。

みんなマクニカのこと好きだね(笑)。型にはまらない前向きな人にとっては、本当に良い環境と成長の機会がある会社だと思う。そんな、前向きな人がどんどん入ってきてくれれば、マクニカはもっともっと成長できると思っています。話は尽きないけど、続きは新しい仲間が入ってきてからまたやりましょう!

ABOUT

ENTRY

新卒採用 キャリア採用 障がい者採用