• 「商社のエンジニア」だからこそ味わえる喜び

    海外メーカーが開発した最先端半導体を扱うFAE(Field Application Engineer:技術営業)として、お客さまである大手電機・電子機器メーカーに対し、商品の提案から商品導入決定後のカスタマイズ・アフターフォローまでの一連をサポートするのが、私の仕事です。その半導体がどのような技術を持っているのか、どのような特徴があり、どのくらいのパフォーマンスを発揮できるのか。エンジニアだからこそ持ちえる視点から商品の提案を行います。提案した商品が搭載されるのは、携帯電話、パソコン、デジタルカメラといったエンドユーザーに近いものから、医療機器や産業機器といったものまで多岐に渡ります。最先端技術のスペシャリストとして、さまざまな分野で最先端のものづくりに触れられる。さらに、それらの製品開発をお客さまであるメーカーのエンジニアとともに担い、製品完成の喜びを分かち合える。それができるのが、商社のエンジニアであるFAEならではの魅力です。


    お客さまの期待を超えた仕事をする

    入社して1年が過ぎた頃、あるお客さまから「半導体としては問題のないものが、基板上では何故かうまく作動しない。」という連絡をいただき、状況を確認するため、営業担当とともにお客さま先を訪問し、どういう不具合が出ているのか詳細な情報をヒアリングしました。そして、さっそく会社に戻って一つずつ問題点を切り分け、原因を特定し、問題を解決するために基板解析を行いました。お客さまの基板を動作させるための情報取集や、膨大なデータシートを確認し、回路を理解する必要があり、非常に大変な作業でした。しかし、問題を解決し、お客さまから「板野さんがいてくれなかったらできなかった。」と感謝の言葉をいただいた時は、まさに自分の技術力が役立ったと感じられました。

    お客さまの期待を超えた仕事をすることは、決して容易ではありません。しかし、それができた時、お客さまからの信頼はより強固なものとなり、自らの存在意義を感じることができます。


    エンジニアの枠を超える

    私は2年前まで、大手精密機器メーカーで、半導体の設計業務を担当していました。新卒の就職活動時、「ものづくりの仕事に携わりたい」という思いから、前職メーカーに入社。希望通り、半導体の設計業務に携わることができ、充実した日々を送っていました。前職の仕事は、担当回路のデザインや機能検証など個人作業がメインの業務。「自分でものづくりをしている」というやりがいはありましたが、「最先端の技術に触れたい」、「より多くの人と関わりたい」、「お客さまに対して、自分の技術力をダイレクトに役立てたい」という思いが強くなり、転職を考えるようになりました。そんな時に出会ったのが、マクニカのFAEでした。転職後は、早いうちから重要な仕入先とお客さまを任され、さらには自分の中にあった「エンジニアの枠」を超えた仕事ができていることに、非常に大きなやりがいを感じています。今後も技術力、問題解決力に磨きをかけ、お客さまと仕入先から信頼されるFAEに成長していきたいです。